水溶性銀系抗菌剤の真価 銀イオンとは
銀イオンとはどのようなものであるかまとめてみました。

銀イオンとは

銀イオンの特徴を利用した様々な製品が市場に流通しています。 様々な用途に利用される理由には銀イオンの特徴がユニークであるからだと 我々は考えています。


広い抗菌スペクトル→ 非選択性
耐性を生じにくい→ 再現性
揮発しない→ 持続性
微量で効果を発揮する→ 最小変化
銀は食品添加物である→ 安全性

「連続的に使用しても複数の対象に効果を発揮することが可能である」ということが言えるのではないでしょうか。

しかし金属銀は通常イオン化することはありません。 金属銀製品が古くから利用されていたのは金属銀表面で極微量の 銀イオンの存在による効果を経験的に知りえていたと考えています。


つまり銀をイオン化させることが必要になります。


イオン化させる手法も様々です。安定性に優れたものは表面積の割合を広げる(微粒子化する) ことでイオン化しやすくするものや、電気的なエネルギーによりイオン化させるものなど様々です。


また銀イオンは極めて不安定なイオンです。 そのため元の金属銀に戻ろうとしたり、他成分と化合し、安定な状態を形成しようとする働きが他の元素よりも強いようです。


特徴的なイオン、それが「銀イオン」です。


プライバシーポリシー 使用条件 Copyright 2008 Antimicrobial Technology Co.,Ltd. All rights reserved.