BIOSURE SG 抗菌製品技術協議会 独創性の証 導入支援 EU環境規制物質対応 BIOSURE SG

抗菌性能(付着(塗布・噴霧))

連続的に下記のようなパフォーマンスを得ることも可能です。
下記の溶液付着量以上にすることでより高い抗菌活性が得られます。
抗菌活性を上げることで抗菌作用時間の短縮が図れます(または抗菌活性大)。

細菌類
試験方法:JIS Z2801(フィルム密着法)

試料:BIOSURE SG浸漬 銀濃度設定液

付着(塗布・噴霧)量:0.2ml / 25cm2

銀イオンの表面付着イメージ

E.coli 1.3 x 105 3.6 x 105
St.aureus 1.3 x 105 3.8 x 103


Control(リン酸緩衝液)

E.coli 1.3 x 105 1.3 x 107
St.aureus 1.3 x 105 1.0 x 105

↓ 付着量を増加


付着(塗布・噴霧)量 0.3ml / 25cm2

E.coli 1.3 x 105 < 10
St.aureus 1.0 x 105 < 10


Control(リン酸緩衝液)

E.coli 1.3 x 105 1.5 x 107
St.aureus 1.0 x 105 1.3 x 105

試験機関:(社)京都微生物研究所        < 10:検出せず  CFU/ml


大腸菌 :Esherichia Coli NBRC-3972
黄色ブドウ球菌 :Staphylococcus aureus NBRC-12732

(注1)付着部位は反応性が低く、凹凸がなく浸み込まない場合のモデルです。
これらを満たさない場合、濃度を上げるまたは付着量を増やす必要がある場合があります。
極端な場合、効果を発揮できないことがあります。

プライバシーポリシー 使用条件 Copyright 2008 Antimicrobial Technology Co.,Ltd. All rights reserved.