BIOSURE SGD 水溶性銀系抗菌剤の真価 独創性の証 導入支援 EU環境規制物質対応

浸漬液の水質試験

(財)日本食品分析センター

BIOSURE SGD(GD500)を水道水に浸漬させて分析しました。


検体
溶媒
水温
浸漬時間
:BIOSURE SGD 2g
:水道水(大阪府吹田市)350ml
:室温保存
:96時間


測定結果

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 検出せず 0.2mg / L
塩素イオン 検出せず 1.0mg / L
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 1.0mg / L 以下
異常なし
臭気 異常なし
色度 1度以下
濁度 1度以下
大腸菌群 検出せず

試験方法

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 イオンクロマトグラフ法
塩素イオン イオンクロマトグラフ法
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 滴定法
官能法
臭気 官能法
色度 比色法
濁度 比濁法
大腸菌群 乳糖ブイヨン―ブリリアントグリーン乳糖
胆汁ブイヨン培地法
プライバシーポリシー 使用条件 Copyright 2008 Antimicrobial Technology Co.,Ltd. All rights reserved.