BIOSURE SGD 水溶性銀系抗菌剤の真価 独創性の証 導入支援 EU環境規制物質対応

急性毒性試験

(財)日本食品分析センター


「検体を2,000mg/kgの用量で単回経口投与した結果、観察期間中に異常及び死亡例は認められなかった。
したがって、検体のラットにおける単回経口投与によるLD50値は、雌雄ともに2,000mg/kg以上であるものと考えられた。」

皮膚一次刺激性試験

「検体について、OECD Guidelines for the Testing of Chemicals 404(2002)に準拠し、ウサギを用いた 皮膚一次刺激性試験を行った。その結果、除去後1時間に全例で非常に軽度な紅斑が見られたが、 48時間までに消失した。Federal Register(1972)に準拠して求めた一次刺激性インデックス(P.I.I.)は0.6となり、 ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験において、検体は「弱い刺激性」の範疇に入るものと評価された。」

プライバシーポリシー 使用条件 Copyright 2008 Antimicrobial Technology Co.,Ltd. All rights reserved.